【不動産売却タイミングの注意点】

query_builder 2024/01/22
土地戸建て不動産買取
2022-05-03 131451

前回、中古住宅やマンション売却のベストタイミングは築15~20年が目安とお話ししました。

中古住宅やマンションの場合、一般的に築年数が5年単位で相場(査定)金額が下がります。その面ではなるべく築年数が浅い方が売却金額は高く設定できます。

ただ、一点だけ注意点があります。それは売却時期(その不動産の保有期間)によって売却益に対する税率が変わってきます。

不動産を売却した際に、その不動産を取得した金額より売却額の方が多い場合、その売却益に対し譲渡所得税と住民税及び東日本大震災の復興財源となる復興特別所得税がかかります。

その税率は、その不動産を売却年の1月1日時点で何年保有していたかをもとに以下のように計算されます。

(保有期間が5年以下の場合)

譲渡所得の39.63%=所得税30%+住民税9%+復興特別所得税0.63%

(保有期間が5年超の場合)

譲渡所得の20.315%=所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%

このように税率はその不動産の売却時期(保有期間)によって大きく変わります。

不動産の売却にあたり、売却益がない場合は譲渡所得税は不要ですが、売却益が発生する場合は、上記のように保有期間により手取り金額に差がでる可能性がありますので注意が必要です。

また、中古の戸建てやマンションの売却の場合、1年の内で1月から3月がベストタイミングと言われます。

この時期は、転勤や転職、子供の学校の入学や新学期と、年度替わりの4月を前に引越が多いためで、不動産業に携わる我々が最も忙しくなる時期と言えます。

事情が許せば、売却時期をこの時期に合わせるのもお勧めです。


----------------------------------------------------------------------

株式会社スマイリッシュ-エステート

住所:千葉県千葉市中央区汐見丘町13-11 創建第2ビル303

電話番号:043-307-4005

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG